西〇のその日ノート

匿名でコメントを残してもらえると感動です。毎日の更新を目指します

散文5.ゆっくりおとなに。

子供たちには、「ゆっくり大人になってね」と声をかけてあげたい、らしい。読んでいたエッセーも三分の二を過ぎたところで、唐突に出て来た子供の話だった。今まではオバサン小旅行や仕事の愚痴ばかりだったではないか、どうした。

続きを読む

散文4.赤いツリー

普段は使わないJRの改札横をふと見ると、ひざ丈くらいの赤く染まったツリーがあった。

電飾や、よくツリーにまかれているフワフワしたあれは同じように巻かれていて、ふと不思議に思った。クリスマスっぽさがあまり感じられないのはなぜだ。

続きを読む

六十五歩目‐やきう‐

はい。プレミア12のお話です。

ついったーでやると口が悪くなってしまいますからね、ここで発散しようかと。

 

結論:特に誰も悪くない(時の運)

 

戦犯…というか、起用法やらのミスを上げればきりがないですね、まぁ当たり前なんですけども。

1.則本の回跨ぎ…連打の時点で変えるべきだったとは思います。

2.点が取れない…正直、3点は足りなかったです。残塁数を考えれば5点以上は欲しかったし、取れました。その点では松田が悪い。

 

いや、でも、日本サイドとしての敗因ってこんなもんなんですよ。

韓国側が

1.代打を2連続で成功し

2.1.2塁からトップに打順が巡り

3.審判のストライクゾーンの変化を察知し

4.打者が冷静にボール球を見極めていた

 

という、奇跡がかった攻撃を繰り出してきたんだから、そりゃしょうがないっす。

 

松井の投げた外角への球も、7回まではストライクだったところだし、そこは審判の可変ストライクゾーンのせいです。

前半は日本に味方した分、後半は持っていかれてましたね。

 

 

てわけで、今までの日本、MVPは

1.大谷

2.中田

3.中村晃、平田

ですね。

逆MVPは

1.中村剛也

2.鹿取コーチ

3.川端

といったところでしょうか。川端には、最終回のあの場面で託される存在になっていてほしかったです。

 

まっ、小久保監督はそこまで悪くないと分かったので、良かったのではないでしょうか。ギリギリの試合を何度も勝ち続けたのはすごかったです。

楽しかった。また来年の日本代表も楽しみです。

散文2.歩くのが遅い

自慢じゃないが、僕は歩くのが早いほうではない。

革靴を履いて、忙しそうに歩くスーツ姿の男性はもちろん、パンプスを履いた女性にも、ローファーを履いた女子高生にもよく、颯爽と抜かれて行ってしまう。

続きを読む

散文1.となりの貴婦人

JRの車内で本を読んでいた時のこと。

内容は30代後半の女性が着付けの教室に行ったり、歯を痛めて病院へ行ったりしているものだった。その女性の行動力に、この方が醸成されたら、よくいる「おばちゃん」にメタモルフォーゼするのかな、という妄想を抱いてもいた。

続きを読む

六十四歩目‐眠さのはんぱなさ、やばいさ‐

頭の悪そうなタイトルですが、切実な問題です

 

 

眠い。寝る。寒くて起きれない。また寝る。昼に目が覚めても寒い。暖房付けても寒い。

外に出たくない。着替えて昼飯たべたけどまだ眠い。とにかく眠い。

 

文章のキレもありませんね。寝ましょうか。

 

追記

「散文」を別であげてみようと思います。思いついたまま書き溜めて投稿するので、その日の行動とは違う内容であることがほとんどです。